大地宅配

大地宅配とオイシックスが経営統合をした理由とは?

更新日:

大地宅配とオイシックスが経営統合をした理由とは?

購買層が広がるきっかけ

有機野菜の購買層が広がるきっかけになりうるか?

有機野菜宅配業界で大きな動きがあった。2位のオイシックス、同3位の大地を守る会(以下、大地)が、2017年秋に経営統合することを発表したのだ。両社を併せた売上は単純合算で337億円(2015年度実績)。これにより、現在首位にあるらでぃっしゅぼーや(NTTドコモ傘下)を追い抜いて、一躍業界トップの存在となる。

2月末までに両社は臨時株主総会を開催。そこで承認を受けた後、株式交換により経営統合を行う(統合比率は大地1株、オイシックス261株)。統合後の会社名はまだ決まっていない。統合した後は、大地の藤田和芳社長が会長に就任、オイシックスの高島宏平社長が新会社の社長となる。

現在、食品宅配市場は活況を呈し、右肩上がりの成長となっている。矢野経済研究所の予測では、食品宅配市場は2019年度に2兆1470億円となり、2014年度から考えると10%の拡大を遂げるという。オイシックス、大地は両社ともに業績は堅調に推移しており、2社が独自に経営を続けても全く問題はないように思える。そんな状態で、両社が経営統合を決断した理由は何か?

有機野菜の認知度はまだ高くない

認知度はまだ高くない
「プレミアムな野菜市場はそれほど大きく成長しておらず、まだ多くの方には選択肢として意識されていない」。高島社長は有機野菜に関する市場について危機感を口にした。実は食品宅配市場が成長を続けているといっても、そのうち約半分は生協による個配サービスであり、有機野菜などの自然派食品を利用する人は少ない。その割合は4%であり、10人に1人にも達していない(矢野経済研究所調べ)。

この背景には「日本では有機野菜やオーガニックという言葉だけが独り歩きしていて、本当に品質の良い野菜について消費者に伝えるのが難しい」(藤田社長)という面があるようだ。

統合することになったのは、高島、藤田両社長の信頼関係もその要因として上げられる。高島社長によるオイシックス設立は2000年。その際、高島社長は野菜宅配ビジネスを学ぶためにまず藤田社長を訪ねた。それが両社長の出会いだ。その後も交流は続き、大地を守る会による新物流センターの設立時には、オイシックスの社員を引き連れ、高島社長が自ら見学に訪れた。

消費者に伝えるのが難しい
両社は異なる販売手法を持ち、そのターゲットとなる顧客も違っている。藤田社長は「違うからこそマーケットを食い合わない」と強調。経営統合の後もブランドの統合はせず、しばらくは並立させる予定だという。そういう状態の中で、出来る部分だけを徹底的に共通化してゆく考えだ。

一例だが、オイシックスが配送工程を外部に委託している一方、大地では自社便を使っている。「配送をすべて自社配送に切り替えればコスト削減になる」(藤田社長)。それとは反対に、オイシックスによる野菜加工の工場を大地側が使う可能性もある。それらのコスト面に限らず、商品・開発においても各分野で分科会を設置し、統合に向けて話し合いを詰めてゆく予定だ。

現在、大地の筆頭株主となっているローソンとの協力態勢も拡大する可能性がある。大地はローソン店舗の一部で野菜の卸売りをしているが、統合後は大地同様、オイシックスの野菜などもその店頭に並ぶことが考えられる。

大地宅配の口コミ情報をチェックする

-大地宅配

Copyright© 本当に美味しい!大地宅配の口コミ・体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.